読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パラレルブログ

ぼっち 人間が怖い 鬱病(気分障害) ダメ人間 高校中退 通信制卒 大学中退 発達障害 オタク ネガティヴな21歳のブログ

東京スカイツリー

僕の父の事務所の目の前に東京スカイツリーがある。僕は事務所でバイトしているので毎日スカイツリーを見ている。2年前の7月10日、当時ひきこもっていた僕は何を思ったか1人でスカイツリーに行ってみようと思った。最初は浅草に行こうと思い浅草駅で電車を降り、少し歩いたら雷門が見えて来た。金色のウンコみたいなオブジェもあった。そこから雷門の中の売店を色々歩きながら見て、本堂の目の前にある煙(常香炉「じょうこうろ」というらしい)をなんとなく浴びて、お参りをした。ちなみに平日だから人はたいしたことはないだろうと思ってたら物凄い量の人でいっぱいだった。それからお腹が空いたので少し歩いたところにある天丼の有名店「大黒屋天麩羅」に行った。天丼は絶品だった。お腹も満たされて歩いていたら、これまた有名な浅草メンチのお店の前を通る。(浅草に来たからには食っておきたいな…でもお腹いっぱいだなぁ…どうしよう。)買った。食べた。最後の方がかなりキツかった。それから歩いてスカイツリーまで行った。チケットを買い、物凄い行列に並んだ。とにかく人が凄かった。正確には忘れたけどかなり待った。そしてやっとエレベーターで展望デッキまで行けた。展望デッキは350mだがさて景色はどんなもんかなと見てみた。


何も感じなかった。本当に何も。


少し自分の中でハードルを上げすぎたのかなと思った。もう100m高い展望回廊へも行ってみた。


感想は変わらない。こんなものかと。


そこでやっと気付いた。あぁ、こういう景色は誰かと見て、共有して、楽しむものなんだなと。とりあえず一通り見て、ソラマチもそれなりに見て帰った。もう一度スカイツリーに登る時は誰かと来たい。